山形おきたまフィルムコミッション|みんなで集める、おきたまの風景。

木造駅舎の魅力 建設年次の不思議

2013/02/16 23:18/木造駅舎の魅力 建設年次の不思議
 国鉄長井線が、長井駅〜羽前成田駅〜鮎貝駅間が開通したのは、大正11年(1922年)12月11日なのです。とすると、成田駅はそれ以前に建設されているはずです。が、山鉄所有の「羽前成田駅構内建物平面図」には、「建設年月」が「大正12年8月」とされています。これは、何かの事情により誤ってしまったものと思います。なぜなら、蚕桑駅、鮎貝駅、荒砥駅の建設年次が、すべて「大正12年8月」となっているからです。
 なお、羽前成田駅舎の前面に「建物財産票」が残っているのですが、残念ながら摩耗していて、建設年次の判読ができない状態になっています。
2013/02/16 23:18
山形鉄道 おらだの会

山形鉄道 おらだの会

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

▼この記事へのコメントはこちら

名前
件名
本文
画像
URL
編集用パスワード (※半角英数字4文字)

手動入力確認イメージ (※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい)
手動入力確認イメージ


 ※投稿後すぐに反映されます。
お問い合わせはこちら

※バナーはこちらをお使いください。 
(C) 山形おきたまフィルムコミッション All Rights Reserved.
合計6,527,087件 (2011.03.04〜) 記事3,446頁 今日2,138件 昨日2,910件 [login] Powered by samidare