山形おきたまフィルムコミッション|みんなで集める、おきたまの風景。

木造駅舎の魅力 永‖院の庭

2013/02/23 21:37/木造駅舎の魅力 永‖院の庭
 真言宗豊山派で長井の遍照寺(奥の高野と言われる名刹)の末寺であり、昌福山元福寺福蔵院といいます。本堂は永享年間(1430年頃)宥日上人の中興開山と伝えられています。享保9年(1724年)再建され、宥将中興、(願主佐々木宇兵衛妻雷神母)、とあります。また弘化2年(1845年)火災のため再建され、真竜中興、(佐々木豊永)とあります。山門は平成12年12月建て替えられました。
 梵鐘は最初文政5年(1822年)に作られたものでつぎのようなことが書かれていました。「行蔵院の源智は質実で、学問を開き教育に功績があったので褒賞がありました。これを記念して大きな鐘を八幡山に掛け、その重さは万貫、鐘の首は海獣のようです。身は龍文、その響きは雷のようで、徳は神様のようです。朝晩悪いことを戒め、ひとの守るべきことを教え、五穀豊作で皆が幸福であり長生きして国が栄えるように」というものです。明治の神仏分離ため八幡山行蔵院から福蔵院へ移されました。
2013/02/23 21:37
山形鉄道 おらだの会

山形鉄道 おらだの会

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

▼この記事へのコメントはこちら

名前
件名
本文
画像
URL
編集用パスワード (※半角英数字4文字)

手動入力確認イメージ (※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい)
手動入力確認イメージ


 ※投稿後すぐに反映されます。
お問い合わせはこちら

※バナーはこちらをお使いください。 
(C) 山形おきたまフィルムコミッション All Rights Reserved.
合計6,526,942件 (2011.03.04〜) 記事3,446頁 今日1,993件 昨日2,910件 [login] Powered by samidare