山形おきたまフィルムコミッション|みんなで集める、おきたまの風景。

昭和30年(頃)の成田駅

2018/05/05 08:56/昭和30年(頃)の成田駅

致芳郷土史会が所蔵しているスライドをDVD化した「郷土の文化」に、昭和30年から31年頃の成田駅界隈の写真がありますので、順次ご紹介します。写真左側に貨車と倉庫が見えます。駐輪場はまだ建っていず、便所棟も見ることができません。以下はナレーションの説明です。

村の入り口、羽前成田駅です。大正11年12月1日の朝、この駅は活動を始めました。当時のお客様は1日160人ぐらいで切符の売り上げは22円でした。今は490人ぐらいで1万円で、この頃と比べると村の発展がしのばれます。【出展:「郷土の文化」監修・作成 致芳郷土史会】

 

 

2018/05/05 08:56
山形鉄道 おらだの会

山形鉄道 おらだの会

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

▼この記事へのコメントはこちら

名前
件名
本文
画像
URL
編集用パスワード (※半角英数字4文字)

手動入力確認イメージ (※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい)
手動入力確認イメージ


 ※投稿後すぐに反映されます。
お問い合わせはこちら

※バナーはこちらをお使いください。 
(C) 山形おきたまフィルムコミッション All Rights Reserved.
合計4,986,240件 (2011.03.04〜) 記事3,425頁 今日2,136件 昨日3,852件 [login] Powered by samidare